レース用シューズ決定!!!

決まりましたレースシューズ!!


結果


やっぱり無難にと言うか

今まで履いてたモデルのニュータイプに決定です。

画像


distance s です!

とりあえずジョグで皇居を1周して足ならしです。


本来ならもうちょっと様子をみたほうがいいんでしょうけど
2周目でマックスフルパワーで走ってやりました!!


まぁ

ちょっと寝坊したので時間がおしてたのもありますが

おかげでレースのスタート時間に走れたのでそれはそれでよかったんですが


もてる力を余す事なく発揮してやったつもりです。

だって
しんどかったし~~(;´Д`A

なんならえずいちゃったさ~~_| ̄|○

結果ベストのタイムは更新しました。
少しばかり

画像


まぁ
あたり前と言えばあたり前なんですけどね
旧シューズはけっこう疲労感を漂わせてます。
目に見えない所でね

見た目には全然まだまだ行けるやん!!

みたいな感じですけど

アッパーは伸びちゃってて足がぐらついてパワーロスになるだろうし
ソールも反発力が低下して推進力を生みませんし
クッション性もなく体にはやさしくない
シューズが悪いわけじゃないんです
仕方ないんです
十分、仕事は全うしました。

『いつ買ったんやったけ~?』

とか


『何キロぐらい走ったんかわからんぐらい走ってんなー』


とかな方は

すぐにでも買い替えをオススメします!

速く走りたいわけじゃあないしなぁ』

って方も

足がぐらつく、クッション性がないなどの怪我に繋がる要因となりますので
買い替えをオススメします。

画像

旧dicetance s お疲れ様ですm(__)m

新dicetance s よろしくお願いしますo(^_-)O

世代交代うまくいきました!!

画像

頼むぜ!!ニューシューズ!!!
しっかりゲームメイクしてくれい!!!


ちなみに私が使用するモデルですが

distancedistance sがあります。

私は後者の方なのですが
見た目にはカラーが違うだけなのですが実際には違ったメカニズムなのです。

画像


左がdistance Sで右がdicetance なのですが

dicetance sの方のソールの真ん中の右側が斑模様になっています。
左側より右側のほううが堅く作られています。
これは足の内側をサポートするオーバープロネーションモデルになります。


プロネーションとは足が接地する時に足首が内側に倒れこむことを言います。

多少のプロネーションは問題なく、ほとんど普通の現象と言って
よいものです。

このプロネーションが極端に大きくなっていることをオーバー
プロネーションと言います。

いまいちピンとこないですが


簡単にざっくりとどのような人が使うのか説明すると

シューズの踵の外側が極端によくすり減っている人はそちらをおすすめします。

オーバープロネーションでない人でも当然すり減りはするので同じものを選んでもよいのですが、
シビアな事を言うとオーバープロネーションモデルの方が少しばかり重くなります。

あんまりその辺がシビアでない方は単純に好みのカラーで選んでもらってもいいかと思います。


一応その辺で私も悩みましたが、
軽さを求めるよりもやはり足首が内側に倒れる事によって踵の抜けのバランスが悪くなる方が
気になりましたので

何せ半端ないぐらい踵の外側がすり減るもんで…>_<…

オーバーオーバープロネーションですよ


そんでもって軽さを追求するならやっぱり奴なんですが
画像


一応ね~

足入れはしてみたんですよ


え~え~


やっぱりね~

走れますよ

速くね~

ニュートン使ってる人ならね

分かりますよ

ビビッっときますよ

ただやっぱり準備期間が短すぎるんです


おいおいっ!代表デビュー戦がワールドカップ本番かよ~』

『大丈夫!?今まで一回も試してないよ』


的な感じです。


諸刃の剣って奴ですね~


今の私には(;´Д`A


何かシューズがアカン風に思うかもですが
あくまでも今の私の現状で自身がないって事なので

準備が整えばデビューさせますよ!!d(^_^o)























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オークリー レンズ

    Excerpt: レース用シューズ決定!!! RWS半蔵門 staffブログ/ウェブリブログ Weblog: オークリー レンズ racked: 2013-07-05 18:21